ブッテーロ革とは?傷だらけになった場合の手入れ方法から、エイジング(経年劣化)を徹底解説

使いこむほどに味わいを増していく革製品。
数ある革素材の中でも、美しい経年変化の魅力で知られているのが、「ブッテーロ革」です。

持ちやすく、使いこむ楽しみが満載の『ブッテーロ』

「革」という素材は、世界じゅうで愛され、大きなものから小さなものまで、様々なアイテムに用いられています。定番の財布、パスケースやカードケース、キーケースなどから、カバンや靴、ベルトなどの服飾雑貨、ペンケースや手帳などのステーショナリー、ストラップやアクセサリー、革のジャケットやコートなどの衣類もありますね。みなさんも、これまでに何かひとつは革製品を使ったり、プレゼントしたりされたりした経験があるのではないでしょうか?

革と一口に言っても、革には様々な種類があります。まず、牛やヤギ、豚、馬などといった、原料皮による区別がありますね。財布やベルトなどには、ワニやヘビといった爬虫類の革もよく用いられています。ジャケットやコート、ファーなどには、「毛皮」も使われていますね。
さらに、同じ生き物の革でも、個体の年齢や性別によって細かく区別されています。例えば牛の革でいうと、成牛の「ステアハイド」、子牛の「カーフスキン」、雌牛の「カウハイド」などがあり、それぞれに加工法が異なっていたり、質感やお手入れの方法が違っていたりします。そして、そこからさらに部位による区別もされています。

原料皮や部位による区別のほかに、なめしや仕上げによっても区別されます。よく耳にするところで言うと、「スエード」というのは、子牛皮やヤギ皮の肉面をサンドペーパーで起毛させて仕上げた革のことです。革の銀面に合成樹脂仕上剤などを塗布して光沢を出したものは、カバンや靴によく使われる「エナメル革」、タンニンでなめしただけの「ヌメ革」なども、よく知られていて人気が高い革素材です。これらの例の他にも、革にはたくさんの素材や加工法があり、様々な種類の革が、あらゆるアイテムに姿をかえて流通しています。

比較的お手入れが簡単な『ブッテーロ革』

革製品の魅力は、何といってもやはり「使えば使うほど味が出る」ことです。革以外の素材であれば、年月が経つほど劣化が気になるのが普通ですが、革は使い込むことで馴染んでくるばかりか、風合いや色味などがますます美しく変わっていく、いわゆる「経年変化」、「エイジング」が楽しめます。このエイジングこそが、革製品愛用者を虜にしてやまない所以であり、美しく磨き上げ使い込まれた革のアイテムは、どんな高級ブランド品よりも最高のステイタスとなり得る、唯一無二の逸品です。

そして、多種多様な革素材の中でも、見る者を驚かせるほどの美しいエイジングをすると言われているのが、『ブッテーロ』と呼ばれる革です。ブッテーロ革は、イタリア・トスカーナ地方で、ワルピエという小さなタンナーが作っている、100%タンニンなめし革です。

ステア(成牛)のショルダー(肩)部分の革を、伝統的手法で丁寧になめし、植物性のオイルが加えられています。染色も顔料などは使わず、花や樹皮などの天然染料が用いられ、鮮やかな発色ながら革本来の風合いを損ねていない点が魅力です。希少性の高い部位であることに加えて、素材の良さを生かした加工が施されていることから、「革らしい革」であるとともに、最高級のヌメ革であるとも称えられています。

ブッテーロ革のエイジング(経年劣化)について

ブッテーロ革の美しいエイジングは、もちろんそれなりの年月とお手入れを要するものではありますが、お手入れはさほど面倒ではなく、他の革素材と比べても簡単な部類に入ると思います。革自身に含まれているオイルがローションのような役割を果たすので、乾いたハンカチなどで磨き込むだけでも、美しい光沢が表面を覆って、独特の味わいを出してくれるのです。

素朴な革であるが故に傷やシミは付きやすいですが、復元力に優れているので、お手入れ次第で十分に美しさを保つことができます。「メンテナンスが比較的簡単」で、「お手入れをした分だけ美しいエイジングで応えてくれる」のがブッテーロ革であり、革製品初心者にも上級者にも楽しめる革と言えそうです。

ブッテーロの特徴と魅力

ブッテーロ革の最大の魅力は、経年変化、エイジングの美しさです。カラーバリエーションも豊富です。

「ブッテーロ革の最大の特徴と魅力は?」と問えば、革製品に少し詳しい人は皆、口を揃えて「エイジング(経年変化)の素晴らしさ」を挙げることでしょう。使い込むほどに味わいを増していくのは、革製品全般に言える魅力ではありますが、ことブッテーロ革に関しては、お手入れ次第で目を見張るほどの美しいエイジングを楽しめるということが知られています。それゆえに、革製品をこよなく愛する名人級のユーザーにとっても、ブッテーロ革は特別な革と認識されていることが珍しくないようです。

多彩なカラーバリエーションも大きな魅力の一つです。革製品は、それ自身が天然素材であるが故に、似たような色合いのものが多くなったり、カラーバリエーションが多いなと思ったら合成染料が使われていて、革本来の味わいが損なわれてしまっていたりすることも少なくありません。ブッテーロ革の染色は、花や樹皮などの天然植物を用いており、革本来の香りや風合いを失うことなく、鮮やかな発色を実現しているので、革製品らしい独特の温かみと個性を一度に実現できる、こだわり派には嬉しい革素材となっています。

「革らしい革」と称されるように、艶やかなムラ感、ナチュラルな風合いを大切にして作られた革なので、表面にトラと呼ばれるシワや傷が見られますが、それもまた味わいの一つと言えます。同じブッテーロ革の製品でも、全く同じものは一つもありません。素朴で、それでいて独特の重厚感を持つ、誰にでも似合う、馴染んでくる革です。

ブッテーロ革のデメリット

ブッテーロ革は、素朴で革らしい革であるが故に、傷やシミが付きやすいですが、復元力に優れた革でもあります。

ブッテーロ革は、革らしい素朴な風合いを大切にしている製品であるからこその、難しい一面もあります。まず挙げられるのが、表面にトラと呼ばれるシワや傷が見られることですが、この点についてはデメリットというより「革ならではの魅力」と捉える方の方が圧倒的に多いので、自身の愛用品に革製品を選ぶ方であれば、ポジティブな印象を持つでしょう。

ただ、ブッテーロ革には、後天的な傷やシミも付きやすいという欠点があります。これは、エイジング(経年変化)を阻害しないタンニンなめしならではのデメリットとも言えるもので、天然染料による染色のために親水性が高いことも、傷やシミの付きやすさの一因です。また、濡れた状態で擦ると、色移りを起こす危険性もあります。

しかし、ブッテーロ革は、傷付きやすく傷が目立ちやすいという欠点を持っている反面、非常に優れた復元力を持つ革であることも知られています。乾いた布などで磨くことで、ブッテーロに含まれているオイルが表皮を覆い、コーティングしてくれます。つまり、お手入れ次第で小傷は気にならないレベルにまで治まるし、かえって豊かな表情を見せたりすることもあるということです。念入りにお手入れをすればするほど、きちんと応えてくれる革が、ブッテーロ革なのです。

ブッテーロ革のメンテナンス

ブッテーロ革のお手入れは、比較的簡単です。基本は乾拭きで十分。濡れには弱いので、水濡れや汗には注意しましょう。

革製品を美しく使い込んでいくためには、お手入れ、メンテナンスが不可欠。それは革製品を持つ楽しみでもあるのですが、その点で躊躇してしまう方も少なくないでしょう。かくいう私もかなりのものぐさですから、世話の焼ける革製品はできる限り避けていた時期もありました。

ブッテーロ革は、傷付きやすいが復元力も高い、美しいエイジングを楽しめる革です。しかし、そのためには日々のお手入れが大切です。こう言うと、手間のかかるメンテナンスを想像するかもしれませんが、ブッテーロ革のメンテナンスの基本は、「過剰なお手入れは避けること」です。基本的には乾拭きで十分。塩分や汚れが気になる場合には、軽く水拭きした後に乾拭きをすると良いでしょう。濡れたままの状態で持ち歩くことは、新たなシミや色移りの原因になるので、良くありません。水分には弱いので、水や汗で濡れた場合は、拭き取って陰干しにしてください。

乾燥やくすみが気になる場合には、天然成分配合の皮革用ローションを薄く塗って、シミにならないうちに拭き取る作業をすると良いようですが、ブッテーロ革自身に含まれているオイルがローションのような役割を果たすので、日頃からまめにハンカチなどで磨いていれば、くすみが気になることは少なく、見事なエイジングが実現するとも聞きます。一日の終わりに少し拭いてあげるだけでも、十分なお手入れになりそうです。

ブッテーロ革の質感

ブッテーロ革は、密度が高くコシが強い革です。植物性のオイルが染み込ませてあり、手に吸い付くような感触が楽しめます。

革には、見た目に様々な外観があるように、触り心地や使い心地といった質感にもそれぞれ特徴があります。持つ人によっては、この革製品の「質感」こそを最も大切にしている場合も多く、革製品は可能な限り実際に手に取って選びたいという方も少なくないと思いますが、気に入ったデザインのものが店頭で見つからず、ネットショップ等で購入するケースもあることでしょう。ここでは、そんな「革の質感」にこだわる方のために、ブッテーロ革の質感、タッチについて、少しお話したいと思います。

ブッテーロ革は、成牛のショルダー(肩)の部分を使用した革です。この部位の革は、牛革の中でも厚めで、密度が高い丈夫な革ですので、新しいものを手に取ったときは、比較的しっかりとした感触を味わうことができます。しかし、少々「硬いかな?」と思っても、そこは革製品。使い込めばどんどん馴染んできますので、心配は無用です。

100%タンニンでじっくりとなめされ、植物性のオイルを染み込ませたブッテーロ革は、しなやかでコシが強く、手に吸い付くようなタッチです。革自体に染み込ませてあるオイルの効果で、磨きこむと艷やかさを増していき、きれいにエイジングしたブッテーロ革の輝きは、「熟れた果実」のようだと例えられています。

ブッテーロ革製品をプレゼントに

ブッテーロ革は、カラーバリエーションも多く、お手入れも比較的簡単なので、革製品初心者にも喜ばれ、プレゼントにオススメです。

革製品、特に財布やカードケースといった日常的に使うアイテムは、プレゼントの定番ですよね。もらって嬉しいプレゼントのランキングなどを見ても、男女ともに人気が高いアイテムです。

しかし、毎日使うものだからこそ、選択が難しいという側面もあります。もし使い心地や風合いが好みに合わなかったら?お手入れが面倒と思われてしまったら?革製品は確かに高級感があって魅力溢れるアイテムですが、場合によっては気軽にプレゼントするのがためらわれることもあります。

その点、ブッテーロ革は、あらゆるユーザー層に人気が高く、持ちやすい革であると言えます。なぜなら、ブッテーロ革は、革製品の素朴さと重厚感をあわせ持つ革だからです。重厚すぎる革は敷居が高いという方にも、せっかく革製品を持つならしっかりとした高級感を味わいたいという方にも、双方に受け入れられるタイプの革なのです。

また、天然染料で染められた美しい発色、豊富なカラーバリエーションも、プレゼントに最適である所以です。顔料などを使っていないので、革の高級感や素材の良さを損なうことなく、個性豊かな表情を演出し、使い手の様々なニーズに応えてくれるのです。

乾拭きや汚れ落としを日々行っていれば、ローションやクリーム等のメンテナンス用品が常時必要というわけでもないので、お手入れも難しくありません。アイテムも豊富なので、革製品に慣れていない方は、まずは小銭入れやキーホルダーといった小さなものから試されるのもオススメです。

個性派、こだわり派には革製品が最適

革製品は、デザイン性と使い心地の良さを兼ね備え、使い手の個性を演出してくれる魅力的なアイテムです。

持ち物にはこだわりたい、自分ならではの個性を演出したいという方は多いと思います。私自身の話をしますと、ライフスタイルの影響もあって、服装や髪型はどちらかというと機能性重視で、それほどこだわらないタイプだと思うのですが、その分お財布などの持ち物は気に入ったものを選びたいと常々思っています。

革製品は、デザイン性と使い心地の良さを兼ね備えた、魅力的なアイテムです。確かに、傷つきやすかったり水濡れに弱かったり、少々面倒な部分もないわけではありませんが、製品の特徴をよく理解して、無理なくお手入れできそうなものを選べば、問題なく使いこなすことができます。ここで紹介しているブッテーロ革もまた、お手入れが比較的簡単で、かつ手をかけた分だけ美しいエイジングという結果で応えてくれる、愛すべき革素材です。

革製品は、古今東西、老若男女、さまざまな層から愛されています。それだけに非常に多くのアイテムが存在し、選ぶ楽しみもあります。同じ革からできていても細部を見れば全く同じものはなく、使い込むとそれぞれの個性あふれるエイジングをしていきます。

それでも既製品では物足りないという方は、自身でレザークラフトに挑戦したり、オーダーメイドのショップを見つけて、自分だけのアイテムを入手することもできますね。基本的なデザインに、刻印を施してくれるショップもあります。

AJINA のブッテーロ革製品

ブッテーロ革の製品は、全商品刻印・名入れ可能です。 また、水を避ける、定期的に乾いた布でふき取るなどの簡単な手入れをしていれば、文字通り一生モノのアイテムとして使うことが可能です。

ブッテーロ革の長財布・二つ折り財布

革の特徴が一番生きるのが、財布です。 日々手に触れるものなので、いわゆる革のエイジングが一番楽しめるタイプのものです。自分使いの財布から、プレゼントにまでオススメです。

>> ブッテーロ革の長財布・二つ折り財布について詳しく!

ブッテーロ革のパスケース

Suica/PASMO や社員証、入館証などちょっとしたカード入れも、ブッテーロ革で用いたパスケースでお作りすることが可能です。ビビットなビタミンカラーのブッテーロ革を選ぶことで、特別な雰囲気のアイテムとしてお持ちいただけます。

>> ブッテーロ革のパスケースについて詳しく!

ブッテーロ革のiPhoneケース(スマホ)

革のiPhoneケースも、安価なものから、高級品までさまざまありますが、耐久性やデザイン性という意味では、ブッテーロ革で作るのが一番のオススメ。 iPhone・スマホにしっくりくる感じが、ブッテーロ革独特の感覚かもしれません。

>> ブッテーロ革のiPhoneケース(スマホ)について詳しく!

ブッテーロ革の小銭入れ

ブッテーロ革で作った小銭入れの特徴は、使いやすさです。革の耐久性やしなりなど頻繁に出し入れする小銭入れだからこそ、ブッテーロ革を用い、かつブッテーロ革がもっとも生きるデザインでお作りしております。

ブッテーロ革の名刺入れ

ビジネスシーンで活用する名刺入れもブッテーロ革で作ることで、おしゃれな雰囲気を出すことができます。革の色を選ぶことで、男女問わず、ぴったりなデザイン名刺入れをお作りすることが可能です。

>> ブッテーロ革の名刺入れについて詳しく!