マネークリップの使い方からオススメマネークリップまで徹底解説

マネークリップとは

もともとは欧米で、チップ用のお札をはさんでおく留め具としてマネークリップは生まれました。

チップという習慣がない日本でも、最近はマネークリップを使っている人をよく見かけます。

財布がレシートやカード、小銭でごちゃごちゃでパンパンになってしまうのをすっきりさせたい。
クレジットカードや電子マネーで決済をするので、小銭を持ち歩く必要がない。現金しか使えないところの最低限の紙幣を持ち歩ければいい。
というような、これが多くあるようです。

カバンを持ち歩かない男性の多くは、お財布をズボンのポケットに入れていますが、見た目にも安全上もよくありません。

お札をそのまま持ち歩いている人も、気をつけてください。くしゃくしゃになったお札で支払いをしていませんか?
会計の時って、意外と見られているものなのです。その点、マネークリップならお札をきれいに収納でき、ポケットのフォルムも崩しません。お財布はかさばるのでイヤだ、よりスマートに会計をしたい、という方にぴったりのアイテムなのです。

腕時計、ライターに続く第三のアクセサリ

写真 ターコイズ&タイガーアイ マネークリップ(20mm幅) ¥39,600

 

幸運や魔よけを象徴する金属として、お守りがわりにも使われるシルバー。普段からシルバーアクセサリを愛用している、という人も、ビジネスシーンにごつい指輪やブレスレットは不似合いです。

そんな時、違和感なく身につけられるアイテムとして、マネークリップはアクセサリの役割も果たします。ポケットに潜むシルバー特有の重みと、取り出したときの滑らかな光沢は、使う度にラグジュアリーな気分を味わせてくれるはず。

日本では、まだ持っている人が少数なアイテムだけに、さりげなくあなたの個性を際立たせます。

財布×アクセサリー だからプレゼントに最適

マネークリップはお札をはさむ財布でもあり、シルバーアクセサリーでもある、という独特のアイテムです。
つまり、実用性とファッション性、どちらも兼ね備えたアイテムなのです。

マネークリップの使い方

マネークリップに、これといった使い方はありません。
お札をはさんだり、レシートや紙のクーポンをはさんだり、クレジットカードをはさんだり。

当店 シルバー&革アクセサリーAJINA のマネークリップは、シルバー950素材のマネークリップ。
こんな感じでスムーズに1枚から紙幣を挟むことができます。

はじめてのマネークリップ

マネークリップをはじめて持とうという方のために、マネークリップのメリット・デメリットをまとめます。

マネークリップのメリット

マネークリップのメリットは、まず、おしゃれアイテムとして、スマートな印象を与えることができる、そしてまだそんなに普及していないことからちょっと差がつくおしゃれを演出することができます。
実用面では、財布を持たないのでかさばらずポケットがパンパンになることもない、お札をスピーディに取り出せる、たくさんの紙幣を持ち歩ける、外国でチップを支払うときに便利、などといったことが挙げられます。

マネークリップのデメリット

逆に、不便な点、つまりデメリットとしては、小銭を持ち歩けないので別途小銭入れが必要お金がむき出しになる、そしてお札が少ないとさびしい見た目に、といったことがあります。

小銭入れを用意するのは若干メンドクサイと思われる人も多いとは思いますが、慣れてくればお札の出し入れがこんなにもスムーズに行くのか、ということで、使い続けるとだんだん手放せなくなる、という人も多いようですから、使用面でのデメリットはそこまで心配する必要はなさそうですね。
あくまでも、慣れ・スタイルの問題です。

マネークリップが活躍するシーンについて

マネークリップはどのようなシーンで利用されているのでしょうか?
まず、マネークリップの発祥として海外のチップの制度という文化がありますから、まず海外旅行ではとても重宝します。さっと紙幣を出すときに、イチイチ大きな財布を開けるのは、オシャレではありませんし、セキュリティとしても問題があります。

日本でもパーティや、ホテル、チップ制度のある高級バーなどで、マネークリップでの支払いをする、というイメージが強いかもしれませんが、最近では少しずつマネークリップの利用が一般にも広がってきて、日常使いされるようになっている傾向があるようです。

コンビニなどでの支払いは、さっとスマホの電子マネーや、マネークリップで挟んだSuica / PASMO / nanaco でしてしまう、ようなスタイルもマネークリップの活用シーンとしては十分ありですね。

マネークリップの種類

シルバー・ゴールド・真鍮などの金属製のマネークリップ、革の素材による種別と、小銭付き、など機能による種別があります。

シルバー・ゴールド・真鍮など金属のマネークリップ

素材ごとの特徴

 

革のマネークリップ

 

ブランド系マネークリップ

手作り系マネークリップ

100円ショップのマネークリップ

 

小銭入れつきマネークリップ

カード入れつきマネークリップ

 

マネークリップをつかうときに小銭やカードはどうする?

 

ミニマリストにも人気のマネークリップ


モノを極力持ちたくない、ミニマリストというライフスタイルが流行していますが、ミニマリストのあいだでも、マネークリップは人気で、通常の財布からマネークリップに持ち替えたというお客様もいらっしゃいます。

大きな財布を持ってしまうと、カードやレシートなど、どんどんいろいろなものを詰め込んでしまい、お財布がパンパンになってしまう。
定期的に断捨離する時間も取りにくいので、パンパンになったお財布を常に持ち歩いてしまう。このような方も、少なくないと思います。

ミニマリストへの第一歩として、お財布のシンプル化、マネークリップを持つというのもひとつのアイディアですね。

男性へのサプライズプレゼントに選ばれているマネークリップ

モノのプレゼントをするときに、一番の失敗は、プレゼントしたアイテムが使ってもらえないことです。
新しい財布をプレゼントしたいけれど、古い財布に愛着があって捨てられない。。。などなど。

マネークリップならば、まだ利用している人も少ないので、サプライズプレゼントにぴったり。
財布として、アクセサリーとして、喜ばれること、間違いなしです。

AJINAでは、マネークリップの刻印・名入れ可能です。(別途刻印代1,500円がかかります)
プレゼント相手のイニシャルや、メッセージを刻印すれば、特別なプレゼントになること、間違えなし。

また、プレゼント梱包も無料でできますので、彼氏や旦那への誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントにぜひお選び下さい。

AJINAのマネークリップのこだわり


AJINAのシルバーマネークリップは一覧はこちらから

 

シルバー&革アクセサリー AJINAは 2006年5月に、マネークリップ専門店 マネークリップ.com をオープンさせたのが、店の歴史のはじまりです。
当時、調べる限りマネークリップ専門店は存在していませんでした。
(その後、お客様のご要望に応じながら、革商品も増やし、今のお店の形になっています。)

2006年のオープン当初からのマネークリップへのこだわりは変わっていません。

素材は通常のシルバーより純銀度の高いシルバー950を使用。
柔らかな味のある輝きが特徴です。
装飾に使う石は厳選された希少品で、大量に仕入れることができないため、一度扱った商品でも次に同じものが揃うかは分かりません。

自分にとって特別なものをお探しのあなたに、当サイトでふさわしい一品をぜひ見つけてください。

当店で扱うマネークリップには、他店にはない3つのこだわりがあります。

素材のこだわり

当店のマネークリップは、ひとつひとつが細かな手作業を要するため、通常のシルバーアクセサリーで使われるシルバー925やニッケルシルバー(銅・ニッケル・亜鉛の合金に銀メッキをかけたもの)ではなく、シルバー950という素材を使用しています。

シルバー950、シルバー925というのは、金属におけるシルバーの純度・含有率が95%ということです。
シルバー950は、シルバーが95% シルバー925は、シルバーが92.5%含まれているということです。

ちなみに、残りの5%、2.5%は (確認)

また、純度100%のシルバー1000 とは、いわゆる純銀のことです。

銀の純度が高いということは、それだけ柔らかく繊細な加工が可能だということ。
指輪やブレスレットと違い、マネークリップはポケットに入れて持ち歩くものなので、傷がつきにくい点も考慮にいれています。

なんで950か?

曲げのこだわり

当店のマネークリップは、通常の約3倍程度の厚さのシルバーを使用し、すべて手作業で曲げを行っています。
お札をしっかりとはさめて、しかもポケットに入れて邪魔にならない絶妙な曲げ加減は、機械には絶対できません。
万が一、曲げが弱くなってしまった場合は、何度でも直しを承りますのでどうぞお問合せください。

唐草模様のこだわり

当店のトレードマークともいえる唐草模様。
この模様は、タガネという道具を使って、ひとつひとつ手で彫っています。

彫金の技術は
彫金の技術は、日本で独自の発達をみせ、その神業ともいえる工芸技術は海外からも注目を浴びています。
ひとりひとりの個性が違うように、この唐草模様も当店のオリジナルな柄で、まったく同じ模様は世界にふたつとありません。

マネークリップの幅の違い

当店のマネークリップは、地金の幅ごとに商品をおつくりしております。

10mm幅のマネークリップ

写真は、タタキ(10mm)。幅が狭いので、シンプルなデザインのマネークリップを取り揃えております。
あまりゴツゴツするのは、苦手。シンプル目なマネークリップを使ってみたい、という方は、まずはこのサイズからご利用してみてはいかがでしょうか?
女性のお客様が自分使いに選ばれる場合は、10mm幅をオススメしています。

紙幣だけではなく、ちょっとした紙、レシートやクーポン券などまとめておくのにも便利です。

15mm幅のマネークリップ

写真は、タタキ(10mm)。15mm がもっともバランスが取れたマネークリップです。
使いやすさの面でも、細すぎず・太すぎず、それでいて質感を感じられるマネークリップに仕上がっております。

20mm幅のマネークリップ

写真はハンマータッチ(20mm)。20mm のマネークリップは、当然ながらもっとも質感を感じられるマネークリップです。
また、20mm の幅をいっぱいに用いて、大きな石や、スケール感のあるデザインをご用意しております。
シルバーアクセサリーがお好きな方、いわゆる派手目なマネークリップをお求めの方は、このサイズをおすすめします。

もちろん、鏡面やハンマータッチ(20mm)など、20mm のシンルプなデザインのマネークリップであれば、デザインがシンプルな分、その十分な質感を感じることができます。

AJINA マネークリップ 永久無料保証

当店ではご購入後も安心してマネークリップをご愛用していただくために、永年無料修理保証を取らせていただいております。
マネークリップをご購入いただいたあとのアフターケアも私たちの大切な仕事です。シルバー製品は大切に扱えば、いつまでもご使用していただくことができます。

だから、当店はご購入していただいてからの対応にもこだわりがあります。

保証内容

マネークリップの曲げが弱くなってしまったときの、曲げ直し
キズが目立ったり輝きがなくなった場合の磨き直し

上記のマネークリップの修理・アフターケアについては、ご購入後、いつまでも・何度でも、無料で行わせていただきます。

商品の受け渡しについて

問い合わせページ・メールまたはお電話でご連絡後、当店へお送り下さい。(恐れ入りますが、送料はお客様負担でお願い致します)
修理が終わりましたら、ゆうパック着払いでご返送いたします。

免責事項

下記の場合の修理・アフターケアについては、修理ができない場合、もしくは実費をご請求させていただく場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

・大きな衝撃により、商品が大きく変形してしまった場合。
・商品の一部を紛失してしまった場合。(石の紛失など)
・表面上の激しい汚れや傷、変色。
・その他通常の使用では考えられない、破損などの場合。

商品に関するお問い合わせに関しましては、随時お受けいたしますので、ご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

他店で購入のマネークリップの曲げ直し・磨き直し・修理について

他店で購入したAJINA以外のマネークリップの修理についても、対応可能なものであれば承りますので、お問合せ下さい。
一度詳細をご連絡いただき、その後マネークリップをご郵送ください。修理費の見積もりをさせていただきます。
(修理費 5,000円~)

大変申し訳ございませんが、当店で修理できないと判断させていただいた場合は、ゆうパックの着払いにてご返送いたしますので、あらかじめご了承下さい。

マネークリップの利用についてよくある質問