日産(NISSAN)のスマートキー(インテリジェントキー)を解説&AJINAのスマートキーケース

日産の現行車種(2022年7月現在)対応のスマートキーは2種類あります。

ちなみに日産ではスマートキーを「インテリジェントキー」、スマートエントリーシステムのことを「インテリジェントキーシステム」と呼んでいます。

セレナやノートなど売れ筋の車種も多いので、日産のキーになじみのある人は多いはず。

それぞれの形に合ったスマートキーケースで、愛車のキーを素敵にデコレーションしましょう!

日産の主なスマートキーは2種類

(左)日産車の大多数に搭載されているスマートキー(右)日産アリアと日産サクラのスマートキー

2022年7月現在の現行車種(新車)に搭載されている日産のスマートキーは2種類です。

画像右のスマートキーは今のところ日産アリアと日産サクラのみで、そのほかの車種には画像左のスマートキーが使われています。※OEM車のNV100クリッパーリオを除く

シンプルな分類でスマートキーケースも選びやすいのですが、過去には違う形のスマートキーもありますし、OEM車は元メーカーのスマートキーを共用していることがあるので、その点は注意が必要です。

※お手元のキーが上記2種類とは違う形状で、スマートキーケースをご希望の方は、お気軽にAJINAまでお問い合わせください。

※OEM車については記事の後半で解説しています。

セレナ、ノート、リーフ、ほか多数の車種に使われている日産スマートキー

日産アリア、日産サクラ、OEM車のNV100クリッパーリオを除くすべての現行車種(2022年7月現在)に搭載されているスマートキーです。

車種や機能(スライドドアの有無など)によってボタンの配置が微妙に違いますが、大きさは同じなので、スマートキーケースは同じものが使えます。

手になじみやすいシンプルな楕円形。ちょうどいい大きさで使いやすそうなスマートキーです。

対応車種

ノート、ノート オーラ、マーチ、日産リーフ、デイズ、ルークス、エルグランド、セレナ、キャラバン、NV200バネット、エクストレイル、キックス、シーマ、フーガ、スカイライン、NISSAN GT-R、フェアレディZ

現行車種(2022年7月現在)では、日産アリアと日産サクラ、以外のすべての車種に、こちらのスマートキーが使われています。

グレードによるスマートキーの違いもありません。

※マーチのみ、キーシリンダー付きリモコンキーの車が残っている可能性があるようです。

キューブやティアナなど、今は生産されていない人気車種にも、この形のキーが使われていました。

ただし、2005年頃まで遡ると違う形のスマートキーが出てくるので、年式・型式の古い車に乗っている方・これから乗る予定の方はご注意ください。

セレナ、ノート、リーフ、ほか多数の日産車に対応 AJINAのスマートキーケース

AJINA職人の手作りスマートキーケース。裏面に刻印もできます

素材はイタリアの革ブッテーロ。「しぼり」の技術を使って、形を形成して作られたスマートキーケースです。

ジャストサイズなので使いやすく、「このキーのためだけに作られたスマートキーケース」という特別感もうれしい。

真鍮のナスカンが付いているので、自宅などの鍵をつけたりベルトループに引っかけたりすることもできます。

革やステッチ(糸)のカラーオーダーも可能なので、お気軽にお問い合わせください。

セレナ、ノート、リーフ、ほか多数の日産車に対応 AJINAのスマートキーケースの購入はこちらから

電池交換の方法

ご用意する電池の種類は、CR2025 3Vのリチウム電池です。(Amazonで購入する楽天市場で購入

(1)メカニカルキーを取り出す。

(2)スリットにマイナスの精密ドライバーを差し込み、ひねってスマートキーを上下に分解させる。

(3)古い電池を取り出して新しい電池を入れる。※電池の向きは+極が下側

(4)上下に分解したキーを合わせ、しっかりと閉じる。

(5)メカニカルキーを戻す。

(5)スイッチを操作して、正常に作動するかどうかを確認する。

上記の手順で電池交換が可能です。

参考動画はこちら

日産アリア、日産サクラのスマートキー

日産といえば「電気自動車の先駆者」というイメージが強いですよね。

2010年12月に「日産リーフ」の初代モデルがデビューして大人気に。2020年7月にはSUVタイプの「日産アリア」、2022年5月には軽自動車の「日産サクラ」がデビューしました。

現行車種(2022年7月現在)では、3種の電気自動車のうち「日産アリア」と「日産サクラ」に、上記画像のスマートキーが搭載されています。

形はスクエア型で、楕円タイプのスマートキーよりも一回り大きい印象です。

対応車種

日産アリア、日産サクラ

今のところ上記の2車種のみに、画像のスマートキーが使われています。

今後もう一つの電気自動車である「日産リーフ」のモデルチェンジや仕様変更があったときに、どちらのキーが採用されるのか興味深いですね。

日産アリア、日産サクラ対応 AJINAのスマートキーケース

現在制作・撮影準備中です。気になる方はお問い合わせください。

電池交換の方法

ご用意する電池の種類は、CR2032H 3Vのリチウム電池です。(Amazonで購入する楽天市場で購入

(1)キー裏側のロックを外しながら、メカニカルキーを取り出す。

(2)隙間にマイナスドライバーを差し込み、ひねってカバーを取り出す。

(3)古い電池を取り出して新しい電池を入れる。※電池の向きは+極が下側

(4)カバーの先端を合わせて上下のカバーを組み付ける。

(5)メカニカルキーを元に戻す。

(6)スイッチを操作して、正常に作動するかどうかを確認する。

上記の手順で電池交換が可能です。

参考動画が見あたらなかったので、詳細は下記公式のQ&Aをご覧ください。

参考:アリア(2022/01~・FEO型)インテリジェントキーの電池の種類・電池交換方法を教えて。

日産スマートキーの機能・取り扱い方法

キーレスでエンジンの始動・停止やドアの開閉ができる一般的なスマートキーの機能に加えて、「キー閉じ込め防止機能」がついています。

ドアやトランクを閉めると同時にドアの施錠状態とキーが車内に残っているかどうかを検知し、キーが閉じ込められていたらブザーでお知らせ&ドアを自動で開錠してくれます。

公式ページに詳しい取り扱い方法が載っていたので、参考にしてみてください。

参考:インテリジェントキーシステム│日産自動車企業情報サイト

セキュリティ・リレーアタック対策

日産のスマートキーには、イモビライザーという盗難防止機能が付いています。

あらかじめ登録したスマートキーでなければ電源ポジションを走行可能状態にできないので、複製キーによる盗難を防ぐことができます。

※型式や年式の古い車ではイモビライザーが内蔵されていないスマートキーもあるのでご注意ください。

なお、スマートキーから出ている電波をOFFにする方法は今のところないそうです。

ご自宅や勤務先と駐車場が近いなどの理由でリレーアタックが心配な方は、ブリキ缶に入れるなどの防犯対策をしましょう。

日産キーの豆知識・最新の機能など

日産のキーにまつわる豆知識や最新のテクノロジーについてご紹介します。

OEM車のスマートキー

自動車業界には、他のメーカーが生産した車を自社ブランドとして販売する「OEM車」というものがあります。

違うメーカー・車名の車同士を見て「よく似ているなぁ」と思っていたら、じつはOEM車で同じ車だったということも少なくありません。

日産の代表的なOEM車は以下のとおりです。※★印は現行車種(2022年7月現在)

日産の車名 元メーカー/車名
★NV100クリッパー リオスズキ/エブリィワゴン  
★デイズ三菱/eKワゴン
★デイズルークス三菱/eKスペース
モコスズキ/MRワゴン
ラフェスタ ハイウェイスターマツダ/プレマシー

OEM車で気をつけたいのは、元メーカーのスマートキーを共用している場合がある、ということです。

現行車種では「NV100クリッパーリオ」がこの例に該当するようです。

デイズとルークスに関しても、現行では日産の楕円型スマートキーが使われていますが、元メーカーのキーを共用していた時代があったようです。

NV100クリッパーリオ、ほか中古のOEM車に乗っている方・これから乗る予定の方は、キーの形状にご注意のうえでスマートキーケースを選んでくださいね。

AJINAでは、現状お取り扱いがなくても、お手元のキーに合わせたスマートキーケースの作成が可能です。お気軽にお問い合わせください。

日産の電気自動車3種はスマートフォンでドアロック可能

日産の電気自動車「日産リーフ」「日産アリア」「日産サクラ」は、EV専用サービスのNissan Connect EVアプリが利用できます。

そのなかに「リモートドアロック」という機能があり、ドアロック操作をスマートフォンで行うことができます。

離れた場所からアプリで車のロック状態を確認でき、もし開いていたらそのままリモート操作でドアロックができるという優れもの。

リモートドアロック機能は、3種の電気自動車すべてに搭載されています。

※セキュリティの観点からアンロック(施錠)には対応していません。

日産アリアだけ!車外から車を動かせるリモコンキー

日産アリアには、グレードによって「プロパイロットリモートパーキング」機能が搭載されている車があります。

車外からの遠隔操作で車を前後に動かせるという画期的なシステムで、木村拓哉さん出演のCMで話題になりました。

無人で走行できるわけではなく、駐車スペースが狭くドアが開閉しにくいときなどに車を少し動かして、広い場所に降りてから駐車できる&車を少し移動させてから乗車できる、というもの。

乗り降りや荷物の積み下ろしがしやすくなって、愛車のボディに傷がついたり、隣の車を傷つけたりする不安も軽減しそうですね。

この機能を搭載している日産アリアには、通常のスマートキーのほかに、リモートパーキング専用のスマートキーがついてきます。

画像元:プロパイロット リモート パーキング用インテリジェントキー│日産自動車企業情報サイト

形は通常のスマートキーとそっくりですが、大きさが違う可能性があるので、キーケースをご希望の方はお手元のキーをご確認ください。

日産のスマートキー、スマートキーケースなどのまとめ

日産は、日本人にとっては特になじみが深い自動車メーカーの一つです。

電気自動車や最新テクノロジーの開発にも積極的で、日本が世界に誇る自動車メーカーでもあります。

スマートキーの種類や振り分けがシンプルなので、スマートキーケースを選びやすいと思いますが、古い年式・型式の車とOEM車には少しだけ注意してくださいね。

お手元のキーに対応するスマートキーケースがAJINAのラインナップにない場合も、お気軽にお問い合わせください。

日産のスマートキーにAJINAのスマートキーケースを着せて、高級感とスペシャル感をアップさせましょう!